福耳会の組織と活動
福耳会 顧問 松田 孝一
平成12年2月の新入会員研修会の公演内容より
福岡県耳鼻咽喉科専門医会(福耳会)
 創立 昭和28年(1953)
 福耳会の前身となるものは、設立時期としては明確でありませんが、昭和10年頃に福岡市内の耳鼻咽喉科開業医4名で親睦、情報交換などを目的として、江浦重成先生を中心とした会合が発足し、専門医会として後の「五孔会」ができました。五孔会は現在は福岡市とその都市圏の耳鼻咽喉科医の会で、福耳会の下部組織となっています。
歴史
 昭和28年 日耳鼻総会(福岡) 江浦先生 健康保険問題を論説。
  総会決議に健康保険問題を採択。 これを機会に各地区に呼びかけて設立。
    
昭和28年に日耳鼻学会総会が九州大学笹木教授の会長として開催されました。
江浦先生は保険診療の将来における重要性を認識され、耳鼻咽喉科診療の技術の難易度を保険点数に反映するような働きかけを日耳鼻学会に要求しました。
(当時の保険診療は組合社保のみで、自費診療が主流でした。)
これを機会に県内の4ブロックの耳鼻咽喉科医の会をまとめられ、昭和28年に設立総会が福岡市にて開催されました。会員は80余名でした。
                                       目 的 
                           1 親睦、情報交換、理解融和
                           2 保険診療の適正化 ?   萎縮・過剰診療
                           3 審査委員との相互理解
                           4 臨床経験に基づく懇談を通して医療事故防止
                           5 全国に専門医会の設立を促す
 県内の耳鼻咽喉科医は組織的なまとまりはなく、専門医としての面識も薄かった。親睦、情報交換などによって臨床知識を交換し、医療レベルの向上に努めた。
当時の保険診療は黎明期で混乱や誤解で適正化が必要であり、審査委員との相互理解が必要であった。萎縮診療は医療の本質を離れ、過剰診療は世間の批判を受けるので、県内での会合を通して保険診療の理解を求めた。
このように県内の専門医会の活動は後に全国的な拡がりをみせ、全国の専門医会組織の設立につながり、現在の耳鼻咽喉科医会連合会が発足した。
                  歴代会長(設立当時は、会長の名称ではなくて、委員長) 
                           江浦 重成 昭和28年〜昭和54年
                           大西 克保   55年〜  59年
                           菱山 博文   60年〜  62年
                           江浦 睦重   62年〜平成 4年
                           平田 和生 平成 5年〜   8年
                           松田 孝一    9年〜13年
                柴田 浩一    14年〜17年
                江浦 重治   18年〜 
                         組 織
                      会 員   総数    281名
                          A会員   223名
                          B会員   58名  
                      区 域  北九州    A 67   B 14 
                             福岡    A 89   B 27
                             筑後    A 50   B 14
                             筑豊    A 17   B 3 
                                                                  (平成12年2月での数字)
                                  規 約
               代議員制度 13名(福岡4 北九州4 筑後3 筑豊2) 
               会長選挙     間接選挙(代議員による)
               副会長        ブロック推薦(4名)
               理 事          ブロック推薦(福岡4名 その他地区2名ずつ)
               会 費 2万円
                 委員会  
              生涯研修学術委員会
                 学術講演会(総会、その他) 新聞Q&A

              審査委員推薦委員会
                 社保・国保 診療者代表を推薦

              学校保健委員会
                委員会 4回(地方部会合同)
               13大都市学校保健協議会(政令都市の学校保健協議会)
               九州ブロック学校保健学校医大会
               全国学校保健学校医大会
               日耳鼻学校保健全国代表者会議並びに学校保健研修会
               福耳会学校医研修会(認定学校医制度に先駆けて、県医師会公認の研修会)

              編集委員会
                「福耳会ニュース」 年平均 2巻

              社研委員会
                委員会 3回(地方部会保険医療委員会と合同)
              5月分診療調査・医業経営調査・診療内容調査および報告  
               審査委員との懇談協議
               九州ブロック保険医療委員会
               九州医師会医学会
               日耳鼻保険医療委員会ワークショップ・全国会議
               九州耳鼻咽喉科医会連絡協議会

              福祉医療委員会
                乳幼児健診
                成人補聴器問題

         医事問題委員会
                       機 能
           
理事会 
                  不定期4〜6回 全国・県単位の問題を処理
            各ブロック報告 各委員会報告 事業推進と協議

                代議員会 
                  1〜2回 予算・決算、事業計画の承認 会長選挙
 
                庶務
               会の運営と委員会・ブロック間の調整
               地方部会との調整 委員会の開催・運営・人事
               ワークショップ・全国会議出席者選定など協議
               FAX-NETWORK 情報伝達の迅速化 会員の意識向上 通信費の節減
               Internet に Home Page 
                        http://business1.plala.or.jp/fukujika/
                       地方部会
               総会を合同開催

               委員会(地方部会合同で協議) 
               社研委員会       ・・ 保険医療委員会
               学校保健委員会    ・・ 学校保健委員会
               福祉医療委員会    ・・ 社会福祉委員会
   
         評議員 選挙
            下部組織

         福岡ブロック(五孔会) 学術講演会 「五孔会通信」
                 広報(新聞、ラジオ、地区講演) 学校保健 休日診療 耳の日
               北九州ブロック         学術講演会 耳の日
               筑後ブロック           学術講演会 健康展で耳鼻科健康相談
               筑豊ブロック           学術講演会
 
back